お顔そり美容法を始めた事で県から表彰されました

彩の国経営革新モデル企業

令和2年1月29日~1月30日と彩の国ビジネスアリーナ2020に出展してきました。
そして令和元年度「彩の国経営革新モデル企業」指定企業として、さいたまスーパーアリーナにて表彰されました。
参考 令和元年度「彩の国経営革新モデル企業」として5社を指定埼玉県公式ホームページ

「彩の国経営革新モデル企業」指定企業とは?
埼玉県の公式ホームページによると

埼玉県は、県が承認した「経営革新計画」を実践したことにより、売上の増加や雇用の創出など、県内中小企業の模範となるような優れた成果を上げた5社を令和元年度「彩の国経営革新モデル企業」として指定します。

という事です。

プロフィールにも書きましたがお顔そりに出会う前の事を思うと、数年後には県から表彰されるなんて夢にも思っていませんでした。
講師プロフィール 講師プロフィール
彩の国ビジネスアリーナ2020に出展しているところ

何故表彰されたのか

ヘアーサロンタキモトとして床屋の売り上げが上がるように工夫して、さらにサロン内サロンとしてお顔そりルームゆみかを立ち上げ、その結果として売上が伸びたこと。
それが売上アップの貢献として大きいところです。

理容業界は年々高齢化が進み、後継者がいないなど、昔からの床屋が消えていく傾向にあります。

今まで通りに普通に床屋としてやっていただけでは、新規顧客の獲得も難しいのが現状です。
お客さまは、固定の床屋に通う、または特にこだわりが無ければ1000円カットなど料金が安いところへと流れていきます。

だからと言って、同じ価格競争にしたところで売上は増えるのではなく、逆に減っていくでしょう。

また、女性のお客さまは床屋には殆ど来ない。
女性は美容室と決めつけてませんでしょうか?

床屋として女性を集客できなくても、女性専門のお顔そりをすれば女性が来店しますよね?

お客さまのことを考えて、他でやっていないことをする。
特に同じ商圏内の床屋ではやっていないのが理想になります。

商圏って?
商圏とは店舗を中心としてどれくらいの範囲にお客さまがいるのか。
それを円で500m,1kmとかで表すと円商圏。
徒歩や自転車などで20分以内、車だと10分以内、市町村だと隣接の市までなどの到達圏。

上の図は500m,1km,2kmの円商圏、車40km/hでの10分の到達圏の例になります。

商圏内にお客さまがどれくらいいるのか、商圏内に競合店は?など、ビジネスの上で大切な要素になります

そんな対策を色々やってきたことが売上という結果として出て、表彰に繋がったと思います。

今後は

お顔そり美容法のスクール講師の資格も得て、シェービングスクールを始めたので雇用の創出にも貢献出来ると考えています。

それは、お顔そりだけで新規顧客を増やす、他と違う事をしている。というのをやっている所が少ないです。
お顔そりは理容師資格が無いと出来ません。
女性が行くとされている美容室ではできないのです。

なので、理容資格がある方、今現在床屋を経営している方は、売上を上げるチャンスなんですよね。
しかも、少ない投資で。

他でまだやっていない場合は、その商圏でお顔そりしたいお客さまが集まるということ。
そしてお客さまに満足して頂けるお顔そり美容法という施術。
リピート率が高いので始めたもの勝ちと言えますよね。

そこに気がついて直ぐにでも行動したい!
とりあえず、相談したい!
という方お待ちしております。

ゆみか

お顔そり美容法に興味があるのでしたら、まずはLINEに登録してお気軽にご相談・ご質問をどうぞ
シェービングスクールのLINE公式アカウント

スクールに関するご相談、お問い合わせはLINEが便利です!

スクール後縁としてフォローしましたところに2月からスクール開校!
3月4月の開講の予定もあります
4月開講のスクール生を募集しています!

ゆみか

お顔そりシェービングスクール講師として、全力でサポートします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA