収入半減なら持続化給付金申請しましょう

お顔そりスクールゆみか 認定講師  瀧本由美加です!
いつも、スクールブログを楽しみにしてくださり、ありがとうございます♡

緊急事態宣言延長になりましたね…
早く今までのように、お客様をお迎えして、思いっきり楽しいお顔そりができる日が、戻ってきて欲しい!と思う毎日。。。

当店は4月中旬から営業自粛していましたので、持続化給付金申請することが出来ました。

お友達の理容師さん、割と「よくわからない」「もらえるのかな?」と、申請しようとしない人も多くて(・_・;

まず、条件にあうかどうか
個人事業者への給付金は、コロナ感染拡大により、大きな影響を受けた事業者に対して給付されます。

  • 2019年位前から事業により売上があり、今後も継続する意思があること
  • 2020年1月以降、前年同月比で事業収入が50%減少した月があること
※申請書類の中に、前年度の収入の金額を証明する書類の提出があります。

例えば、昨年4月の申告売上が30万円だった場合
→コロナの影響で、今年4月に営業自粛、またはキャンセルが相次いで、売上が前年4月の売上の半額以下14万円なら
→昨年30万円-今年14万円=減額16万円
→減額16万円×12ヶ月=192万円
→個人事業者上限100万円
給付金100万円申請することができます。
個人事業者の給付金上限は100万円です
給付額100万円に満たなくても、該当月の売上が半額以下なら、同じ計算で給付金申請が可能です。
該当月は自分で決めることができます。

だから、4月は半額でなくても、5月以降来年3月まで、売上が半額以下になってしまった場合は、申請することができます。

経済産業省持続化給付金で検索して
↓「持続化給付金事務局ホームぺージ」↓
https://www.jizokuka-kyufu.jp/
こちらをひらくと
↓この画面が開けます↓

スクロールすると、詳しい説明書いてあります!

申請はインターネット上で済ませられます

該当する場合は申請してみて下さい。
該当しない場合は、もしかしたら、に備えて
そういえば由美加さんが書いていたなぁと
頭の片隅に置いてみて下さいね

これからどうなるのかな?と心配ですが、
3月上旬にスクール開講予定だった生徒さんお2人も
、2月にスクール開講した生徒さんも、
早くお顔そり美容法を学びたくて、自分の技術をステップアップさせたくて、ウズウズしてらっしゃいます(*^_^*)
たくましい限りです!

ますます、全力でスクール指導に力がはいります♡

持続化給付金の申請わからなければ、お気軽にメールでもLINEでも電話でもご連絡くださいね

作るブログに書いてほしい!とか
小規模事業者持続化補助金のこ聞きたい!
というときもお気軽にお声掛けくださいね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA